結婚について

結婚は家と家の結びつきを持つこと

本人同士がよければ結婚をする、と考えがちですが、実際は家と家の結びつきを持つことです。
育った環境が違うということは様々な常識、価値観、ルールやマナーが違うということです。
この違いを受け入れることが出来るのかどうか、というのは実際に生活をともにしてみなければ分かりません。
付き合っている時に分かってくることもあるかもしれませんが、細かい部分まで知ることは一緒に住まなければ分からないことが多いです。
結婚が決まったら両家の顔合わせを行う、ということになりますが、その際には当人の親のこともよく観察をしなければいけません。
当人が常識的な人だと思っていても、実は親が物凄い非常識な人だった、ということもあるかもしれません。
そうなると、家庭同士の付き合いと言うものが難しくなります。
価値観の違いというのは、破談にも繋がってしまうことがあるので、しっかりを見極めることも考えていく必要がありますし、とても大事なことです。

Copyright© 結婚 All Rights Reserved.

結婚は家と家の結びつきを持つこと
結婚